伝わる文章より、行動したくなる文書を書く

伝わる文章より、行動したくなる文書を書く

伝わる文章より、行動したくなる文書を書く

文章を書く時の一番のポイントは誰に向かって書くのか!

例えば、恋人だったら恋人に向けた文章を書きます。

家族だったら家族に向けた文章を書きます。

相手によって文章の内容や使う言葉って違ってきますよね?

なので、もし見込み客のお客様に送るメッセージだったらどのように書くのがいいのかを知っておくことが重要になりますよね。

見込み客のお客様とゆっても絞るのって難しいと思われるかもしれませんが、メッセージを送る時には、あなたの対象としたい人、1人を想像してその人に伝えたいメッセージを書く方が、おのずと他の方にも心に響くメッセージを届けれたりします。

まずは、万人に響くメッセージではなく1人に響くメッセージの作成をしてみてください。

 

今回も動画と記事で解説していくので是非参考にしてみてください。

 

↑画像をクリックすると動画が流れます。
 

何故文章を書きますか?

情報発信ビジネスで文章を書く時と言えば、LINE@やメルマガで自分の伝えたいメッセージやステップメールで商品を販売する時などでメッセージを書きます。

なので、重点的に考えないといけない点は、メッセージを受け取った相手がどう行動してもらえるかを考えてメッセージを作る必要があるという事です。

例えばほとんどの場合は

自分の思いを伝えたい。

知ってもらいたいことがある。

ファンや顧客になってほしい。

大抵の人は文章を書く時、自分発信になってしまい、情報量にこだわり、尚且つ綺麗にまとめようとする。

これだと読み手には響きにくくなって、すぐにメールを閉じられてしまう。

『私の事じゃないし関係ないわ』

 

実際のところ読み手は、心が動き、想像力し、自分がやりたくなるような、

体験したような気になれる文章に引き寄せられます

なので何を伝えたいのか?よりも、どんな行動をしてほしいか?

を考えて文章を作る方が響くのです。

 

①あれこれ書かない。情報量を少なく想像してもらうような文章を書く。
あなたの思う最高の幸せって?

②話かけるように書き「感情」を動かす。

気になりませんか?○○のこと

③本音と建て前のギャップを呼びかける。

金持ちになりたいのに人生崖っぷち借金地獄でした

④読み手の欲求を絞り込み、ターゲットに呼びかける。

サラリーマンを辞めたい人がやるべき事3つ

好きな人にどうしたら自分の気持ちが伝わるか、そんな事を考えながら意識すれば感情を動かせる文章が書けると思います。

『大切な人に向かって文章を書く』

文章を味方にして人生を変えましょう!

 

仕組みで自分らしい理想のライフスタイルの描き方

離婚のどん底からパソコンとスマホで 仕組みと自動化を手に出来た自分らしいライフスタイルを

LINEにて解説講座をセットで無料配布中!

  • インターネットを使って初月35万円稼いだやり方を公開
  • 動画120本超のノウハウ教科書を期間限定プレゼント!

『LINEで友達登録をする』をクリックして無料でプレゼントを受け取りください!

 

 

※LINEでは、SNS集客やWEB自動化の仕組について 役立つノウハウや情報をお届けします。
※登録後に「解説講座と教科書をセット」でお届けしています。
※特別講座は通知のOFFや、解除は すぐにできますのでご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です