情報発信ビジネス具体的に販売する方法

情報発信ビジネス具体的に販売する方法

情報発信ビジネス具体的に販売する方法

教育の段階で、すでに見込み客のお客様があなたの商品を欲しくて欲しくてたまらない状態になっているのが前提であなたの持っている商品を販売します。

お客さんに「商品」または「あなた自身」に価値を感じてもらい無形のモノや情有料級のノウハウを販売するのが主なネットビジネスの「販売」です。(物販は例外)

物販は有形のもので使ったり消費できるもので「実用的」で完結するものがほとんどです。物販の販売方法とは無形の商品を販売する方法と異なります。

生きていく中で価値が高いのは、スキルや知識を自分に落とし込むことのできる無形の「情報商材」で、そのスキルを自分に落とし込めさえできればあなたの提唱する理想の世界に行けるもしく、見込み客のお客様が思っている理想の世界に行けるレベルの知識やスキルは一生ものになります。

 

初心者は何を売ればいいの?

初心者の人からよくある質問で

「自分の商品がないから、何を売れば良いのか分からない」

という質問がありますが、そういう場合はまず

「他人の商品をアフィリエイトする」

これが一番良い方法かと思います。

アフィリエイトというのは広告をする以外にも他人の商品を売るという意味合いもあります。2万円の商品を売って1万円ほどもらう。みたいな感じで商品代の2050%のお金がもらえることが多いです。

もちろんアフィリエイト商品を自分でも購入してみてどんな商品かあなた自身が実践して、他の人に紹介したくなるような商品でなければなりません。

じゃないと魅力的な紹介ができないですし、実践もしていないものならその商品が信用できるものかも判断できないですね。

販売の仕方は、その商品を実践してあなたがどうなったかを伝える、そしてそのうえでつまずいた所の乗り越え方だったり、他の気づきで違う使い方もできるなど、購入して理想の世界に行けた方法を商品を購入してくれた方に特典としてプレゼントしたり、購入してくれた人のコンサルサポートを付けてアフィリエイトをする方法がいいです。

まずは、他人の商品を売ってみましょう。

 

それでは、動画と記事で解説していきます!

 

↑画像をクリックすると動画が流れます。

自動化で商品を販売する方法

それでは、商品を自動化で販売する方法を見ていきましょう!

①セールスレターを読ませる

まず最初にするのは、LINE@やメルマガに登録してくれた見込み客のお客様を教育して、あなたの商品を事前に欲しいと思っている状態にできていることが重要です。

その後に販売ページのセールスレターを読んでもらいます。

 

②レター内でとある教育

基本は分割して送っているステップメールを作ったときに話しているメッセージ内容を一枚のレターにする感じで作ります。

見込み客の悩みや理想の世界に行くにはどんな問題点があるかなど、
具体的な事例を上げながら「ここが問題ですよね」など見込み客のお客様様に共感してもらえるようにいくつか書いていきましょう。

またここで注意したい点としては、問題点を指摘する際には、
なぜ問題なのかという部分をちゃんと具体的に説明することです。

根拠もないのにあれもこれも問題と言っていても、説得力がないし、見込み客の共感は得づらくなります。

ここでしっかりと見込み客のお客様に共感してもらうことで、より一層、信用できるという気持ちになってもらうことができ、セールスレターをしっかりと読んでもらえるようになります。

 

③レター内でクロージング

クロージングでは今までレターで上げた悩みや問題点を解決(理想の世界に行く為)するためには、私の提案する方法(商品)であるということを誘導していきます。

もちろんこのクロージングの際にただ提案(商品)を誘導するだけでなく、
問題点が解決したらこういう世界や未来が待っているとか、私はすでにその世界にいて、そこまであなたを連れて行きますというスタンスで誘導していきます。


自分のストーリーや商品を作ったストーリーを織り交ぜながら話すことで
より見込み客のお客様に共感してもらいやすくなり、誘導しやすくなります。

ここであなたのストーリーを交えることで商品だけでなく、あなた自身にも興味を持ってもらうことができ、より信用を得れ購入を促すことができます。

④レター内で決済の案内

分割の方法や何回払いの何分割えきるなど決済の仕方をここで教えてあげます。

 

⑤決済システムで決済完了

初期はペイパルの決済リンクをレターに貼っておいて、クリックして決済をしてもらいます。

決済システムの会社は色々ありますが、比較的ペイパルの決済システムはだれでも使うことができるのでオススメです。

会社によっては実績や規模等により導入できない場合や決済手数料も変わってきますので、選ぶのも慎重にしましょう。

 

⑥アフターケアは売り手次第

アフターケアは一番重要で、購入者からの連絡がなくても事らから、現状を聞くメールを送ったり、動画を送ったりしてフォローしてあげます。

購入者が実績を出すことがあなたの実績につながり信頼にもつながるので、購入者を理想の未来に絶対に連れていくという意識も重要です!

 

対面や電話でセールスする方法

それでは、商品を対面や電話でセールスする方法を解説していきます!

初期の初心者の方にまずはオススメなのがこの方法で、自動化する前に経験することはあなたの知識や考え方などに変化をもたらしてくれるので、苦手意識に一旦フタをして失敗してもいいやという気持ちでトライしてみてください。

①挨拶

初対面での挨拶ですね。普通にこんにちはとかを言えれば大丈夫です。声のトーンと笑顔だけ気にするようにします。真顔でこんにちはとか、低い声でこんにちはだと「この人暗いな」とか「自信がないのかな」と相手に思われます。

 

②ラボール構築(信頼)

自分の過去の話から現在に至るまでの逆転のストーリーを話します。昔は時給850円で働いていて、あるとき本屋で一冊の「がっつり稼ぐ本」というのを立ち読みした所から私の人生は変わってきた。一時期1000万円も借金があったけど、今では月に○○万円稼げるようになって自由に旅行が行けるようになった・・・というような感じで生い立ちをはなしたりして、自己開示をしていきます。

 

③相手の話を聞く

もちろん相手の話も聞くことが重要で悩みや、家庭環境、お金の状況など相手の話は全部受け止める気持ちで聞いてあげます。

 

④相手の話を深堀する

そしてあいての興味ある話を深堀していき、相手の理想の状態を聞いていきます。私の理想とマッチするのかとか、共通点をさがして深堀します。

 

⑤相手の本当に求めている解決策を見つける

相手が必要としてるところの未来や夢をかなえる為にどうるればいいかを見つけてあげて、どんな解決策が必要なのか言葉で話してもらってその解決策が必要だと認識してもらいます。

 

⑥当てはまる商品の提案をする

その認識してもらった解決策や相手の悩みのに即した商品をあなたが持っていれば販売します。

相手の悩み解決がビジネスの本質であなたが解決できないなら商品は販売しないでごり押しするのは控えましょう!少しでもあなたの提供する理想の商品で解決できるなら、提案します。

 

⑦その商品が相手の何を変えるのか教える

提案する商品が相手の何を変えて未来の夢を解決できるのか具体的に教えてあげて相手の頭で想像できる話をしてあげることをします。

相手が理解しないと絶対にその商品を欲しいとは思いません。

 

⑧相手が欲しがるまでは売らない

相手が欲しがるまで相手から売ってくださいとなるまで自分からは売り込まない!

 

⑨相手が欲しがったらクロージング

相手が欲しいとなっているなら、購入できるように一緒に購入方法(お金の用意だったり分割とかの提案)を伝えながらクロージングしていきます。

ここで重要なのは、相手が欲しいと思っていて、相手の悩みを解決できる商品をあなたが持っているなら、絶対に商品を購入してもらった方が相手の為であり商品を売ってあげないと相手は一生困ることになるし、詐欺や変な商品を今後買わされるかもしれないから、私が理想の道に導くんだという思いでクロージングすることが大切です。

 

⑩決済の案内

決済方法をその場で案内して一緒に決済の仕方を説明しながら決済をしてもらう。

 

⑪アフターケア

商品を購入後に相手から連絡がなくても、あなたから連絡してあげて最近どうですか?とか、わからない所や止まっているところを解決してあげたり、乗り越えれるようにサポートしてあげる。

 

営業って難しい…?

実際に営業は難しいです。私も実際に営業を始めたのは極度の人見知りを直したいと思って営業の世界に飛び込みました。

こんな言葉を言ったらダメかな?とか何を言えばいいのかわからないって思った時期もありました。今もありますけど、それは人見知りの才能で、逆を言えば人に気を使える優れた才能なんっだって事です!

正直、何を話しても大丈夫ですし、あなたの得意分野の話をすればいいんです!得意分野を話すのは人見知りの方のほうが熱意が伝わりやすいですし、欲しくなるもんです。

向き、不向きはぶっちゃあります。しかし、それを解決する方法が「場数を踏む」ことです。元いじめられっ子、完全なる人見知りでも100万円の売り上げを上げたたった一つの方法があります。

営業系の本を読む→実践と録音→復習と改善のサイクルです。

オススメの本が加賀田晃著書

「営業マンはお願いするな!」と「営業マンは商品を売るな!」

ぜひ読んでみてください。

 

フロントエンドとバックエンドとは?

フロントエンド商品とは?

フロントエンド商品とは見込み客に対して最初に販売する商品のことを言います。

興味をもってインスタやツイッターなどSNSを見てくれている、まだ商品を購入したことのない、あなたと見込み客との間には、最初の段階では信頼関係が構築できていないのが普通です。そんな時にあなたが売りたい商品をいきなり紹介して購入してもらおうとしても、普通は買いたいとはおもわないですし難しいですよね。(知り合ったばっかりの人にこの商品いいよって言われる感覚)

なので、最初は「とにかくたくさんの人にあなたの商品に触れてもらって良さを感じてもらう」を目的に、無料の商品や安価で購買のハードルが低い商品(セミナー)を提供していきます。

  • 無料の商品や誰でも手に取れるような低価格帯
  • 見込み客の質より見込み客の数を重視
  • 目的は利益をとることよりも購入者(体験者)を増やすこと

無料の商品とはその名の通り無料です。無料で提供できる体験をプレゼントする代わりにLINE@やメルマガに登録を促します。商品の受け渡しはLINE@やメルマガでしますね。っていうイメージです。

 

バックエンド商品とは?

バックエンド商品とは、フロントエンド商品の提供者に対して、次に販売していく本命高額商品のことです。

フロントエンド商品が無料や低価格帯で多くの人に手に取ってもらう商品であるのに対し、バックエンド商品は高価格帯であなたの理想の世界に一緒に行ける少数の限られた人にのみ購入してもらう商品という位置付けになります。

  • あなたの価値感を理解してくれた人が購入できるように高価格帯
  • 購入者の数よりも購入者の質を重視(審査制にしたりする)
  • 目的は理想の世界行ける仲間と売上(=利益)を獲得すること

 

同じ販売だけど目的が違う!

フロントエンドとバックエンドの使い方は全く別物で、フロントエンドがあるからバックエンドが売れるというのはわかっていただけたと思います。

実際「商品を売ることの目的は?」って聞かれたら、多くの人が「お金を稼ぐこと」と答えるのが普通だと思います。

しかし、実はお金を稼ぐより無料で商品を提供して体験してもらうという、最初は利益を出さずに戦略を使うことでバックエンドで利益をだす。商品が売れるということなんです。

まとめるとフロントエンド商品とバックエンド商品とは

  • フロントエンド:購入者リストを集めて価値を感じてもらうこと(集客→顧客教育)
  • バックエンド:実際に利益を上げること(販売)

このことをわかっておくだけで集客~教育を具体的にする方法がわかると思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

わからないことや不明な点があればお問い合わせいただけるとお答えできます。

また次回お会いしましょう!

 

仕組みで自分らしい理想のライフスタイルの描き方

離婚のどん底からパソコンとスマホで 仕組みと自動化を手に出来た自分らしいライフスタイルを

LINEにて解説講座をセットで無料配布中!

  • インターネットを使って初月35万円稼いだやり方を公開
  • 動画120本超のノウハウ教科書を期間限定プレゼント!

『LINEで友達登録をする』をクリックして無料でプレゼントを受け取りください!

 

 

※LINEでは、SNS集客やWEB自動化の仕組について 役立つノウハウや情報をお届けします。
※登録後に「解説講座と教科書をセット」でお届けしています。
※特別講座は通知のOFFや、解除は すぐにできますのでご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です